利用規約

第1条 目的
この利用規約は、ダンボールが企画、運営するゲームサービスとその他のサービス
(以下「サービス」といいます)を、利用する者(以下「ユーザー」といいます)
が必要とされる事項を規定することを目的とします。

第2条 利用規約の適用および変更
利用規約は、サービスを利用するユーザーに対し適用されます。
ユーザーは、サービスを利用することにより、利用規約に同意したものとみなしま
す。
ダンボールは、ユーザーの事前の了承を得ることなく利用規約を随時変更すること
が出来るものとし、ユーザーはこれを承諾します。
利用規約の変更は、変更後の利用規約が本ウェブ上に表示された時点より効力が生
じるものとします。

第3条 ユーザー登録
(1) サービスを利用しようとする者は、本規約に同意した上、ダンボールが指定
   する情報を入力して、ユーザー登録をするものとします。
(2) ユーザーは、ニックネームが、サービスの利用にあたり、第三者に公開され
   ることがあることを確認します。
(3) ユーザーは、IDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を持
   つものとします。
(4) ユーザーは、IDおよびパスワードを第三者に利用させてはならないものとし
   ます。
(5) 第三者が、ユーザーのIDおよびパスワードを使用してサービスを利用した場
   合においても、サービスの利用はユーザーによってなされたものとみなし、
   ユーザーは一切の債務を負担するものとします。
(6) 第三者が、ユーザーのIDおよびパスワードの不正使用によるユーザーの不利
   益および損害について、ダンボールは何等の責任も負わないものとします。
(7) ダンボールに不利益を与えた者のユーザー登録を承認しないことが出来るも
   のとし、また、削除することが出来るものとします。
(8) 上記により発生したユーザーの不利益および損害について、ダンボールは何
   等の責任も負わないものとします。

第4条 サービス
(1) ダンボールは、ユーザーに事前に通知することなく、サービスの内容の追加
   、変更、削除することが出来るものとします。
(2) ダンボールは、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーが登録するデ
   ータの内容の追加、変更、削除することが出来るものとします。
(3) 上記により発生したユーザーの不利益および損害について、ダンボールは何
   等の責任も負わないものとします。

第5条 設備等
ユーザーは、サービスを利用するための通信機器、ソフトウェア、電気通信サービ
スなどを自己の費用と責任において準備、実施するものとします。

第6条 自己責任
(1) ユーザーは、サービスの利用および自己の行為について一切の責任を負うも
   のとします。
(2) ユーザーは、ユーザーが登録するデータにより気分を害する可能性がある事
  を、事前に了承したものとし自己責任の下サービスを利用するものとします。
(3) ユーザーは、自己の行為によりダンボールまたは第三者に損害を与えた場合
   、その損害を賠償するものとします。

第7条 通知
ユーザーは、ウェブ上で通知する内容を逐次確認する義務を負うものとします。

第8条 禁止事項
(1) ダンボールの従業員になりすます行為
(2) 第三者になりすましてサービスを利用する行為
(3) ダンボールまたは第三者の著作権、商標権、その他一切の権利を侵害する行
   為
(4) 第三者の財産、プライバシーを侵害する行為
(5) 第三者の個人情報を開示する行為
(6) 第三者の個人情報を収集する行為
(7) 第三者を脅迫、差別、誹謗中傷し、第三者の名誉もしくは信用を毀損する行
   為
(8) ダンボールの財産を侵害する行為、ダンボールの信用を毀損する行為、その
   他ダンボールに不利益を与える行為
(9) わいせつな画像、文書等を送信または表示する行為
(10) 法律に違反する行為
(11) 無限連鎖講を開設し、またはこれを勧誘する行為
(12) 公職選挙法に違反する行為
(13) 犯罪に結びつく行為
(14) 公序良俗に違反する行為
(15) 営業活動、または営利目的としたサービスの利用行為
(16) 宗教活動、または宗教団体への勧誘行為
(17) ダンボールのサービス用設備に不正アクセスし、サービスの運営に支障を与
   える行為
(18) サービスの運営を妨害する行為
(19) プログラム等の改変、リバースエンジニアリング、解析、ユーティリティの
   作成、頒布、利用等の行為
(20) データ等の改ざん、チート等の行為
(21) サービスの利用に際して全部または一部を自動操作する行為
(22) 上記のいずれかに該当する行為を表示している文章やデータ等を教える行為
(23) その他ダンボールが不適切であると判断する行為

第9条 サービスの中断
(1) ダンボールは、通信機器設備のメンテナンス等の為に、サービスを中断する
   ことが出来るものとします。
(2) ダンボールは、天災、戦争、火災、労働紛争、法令、政府機関の命令、通信
   事業者の障害等、サービスの提供が困難な場合、サービスを中断することが
   出来るものとします。
(3) 上記により発生したユーザーの不利益および損害について、ダンボールは何
   等の責任も負わないものとします。

第10条 知的財産権
ウェブ、サービス、プログラムに関する一切の知的財産権は、ダンボールに帰属す
るものとします。

第11条 著作権
プログラムの著作権は、ダンボールに帰属するものとします。

第12条 個人情報(プライバシーポリシー)
(1) ダンボールは、個人情報を、以下の目的のために利用します。サービスを提
   供すること
   統計資料の作成の為
   ダンボールからの、告知、連絡等の電子メールを送付する為
(2) ダンボールは、法令に基づく場合を除いて、個人情報を第三者に提供いたし
   ません。
(3) ダンボールは、ユーザーを特定する目的でクッキーを設定することがありま
   す。

第13条 免責事項
(1) ダンボールはダンボールが提供するサービス、プログラムやデータ等、ユー
   ザーが登録するデータ等について、いかなる責任をも負いません。
(2) ダンボールは、ユーザーがサービス用設備に蓄積したデータ等が消失し、ま
   たは他者により改ざんされた場合、ダンボールはそれを復旧する責任を負わ
   ないものとします。
(3) ダンボールは、サービスの内容の変更につき、いかなる責任も負わないもの
   とします。
(4) サービスの内容はダンボールがその時点で提供可能なものとし、ユーザーに
   対するダンボールの責任は、ユーザーが支障なくサービスを利用出来るよう
   、善良なる管理者の注意をもってサービスを運営することに限られるものと
   します。
   ダンボールはサービスの利用により発生したユーザーの損害(第三者との間
   で生じたトラブルに起因する損害を含みます)、およびサービスを利用出来
   なかったことにより発生したユーザーまたは第三者の損害に対し、いかなる
   責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。

第14条 管轄
ダンボールとユーザーとの間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審
の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条 準拠法
利用規約に関する準拠法は、日本法とします。


2006年01月01日 制定
2007年09月27日 改訂
2010年08月27日 改訂